■「こだわり」へ戻る≫≫≫

志摩の海が育む海の幸・・・
槙之木のメニューのメイン食材!
ここで獲れた伊勢海老や魚貝類などは、
槇之木のディナーなどで皆さまに
お召し上がり頂きます。
海と、人と、槙之木と・・・
志摩の自然が育んだ海の幸が、たくさんの人の手を介して槙之木へ届けられます。

伊勢海老漁から揚がった網を今からさばきます。いつも、いろいろとお世話になっている方たちです
 (漁師さんの奥さんと若奥さんたちです。みんな気持ちよく、よく働きます)

*** 海の恵と皆さまのご功労、本当に、心より感謝感謝でございます *** 
伊勢海老、鮑のよく獲れる志摩町和具、ちょっと気分で和具漁港に足をのばせば、ちょうど沖から漁を無事に済ませ、かつおをおろしているところにバッタリ!!忙しい中、お邪魔させていただ きました。(ここ、漁港には、一生懸命に働いている同級生、先輩、友だちのおじさん、知人ばかりいました。)
** 賑やかな波切漁港で行われている海族市 *** 片田漁港市場の様子*** このでかいけどかわいい顔の今日揚がったお魚はなんでしょうか?・・・・・・それは・・・まんぼうでございました ***
海の恵にも感謝感謝で食したいと思います。

冬季・・・この時期だけの珍味でもある“真珠貝の貝柱”小さな貝柱ながらも味も濃く、和食、洋食問わず、いろいろな調理法で味わうことが出来ます。12月のある日の朝食でお出しした、真珠貝の貝柱です。採れたてですので、もちろん生のまま酢味噌でお召し上がり頂 きました。
 これが真珠貝(アコヤ貝)の貝柱〜!! この年の貝柱(今回分けていただいた貝柱)は貝自体が若いので、その身は小さいながらもとても柔らかくて本当に美味しいですよ。
 
***山盛りのあこや貝***ここの真珠養殖場さんは、ご先祖さん代々、昔から家族みんなが研究熱心ですっごい働き者、奥さんも若奥さんもいい真珠の珠を出すので有名です!!この日は同級生の人とか、大学の水産研究所の方がいらっしゃいました。 ***忙しい中、みなさん、本当にすみませんでした!!でも、採れたての真珠貝の貝柱を試食させてもらったり、帰りにはその貝柱をわけていただいたりして槇之木に戻りました!!本当にありがとうございました。感謝感謝!!です!!

 早春・・・お天気のいい日は槇之木の周辺で天日干しの青さのりの様子を覗うことができます お客さまには、やっぱり朝食のお味噌汁に、この、青さのりを仕上げにちょっと入れてお召し上がりいただいています。…う〜ん今にも伊勢海老のいいおだしと青さのりのいい香りがしてきそうです(笑)
** お客さまのお部屋から観た海面上に覗かせた青さのり *** 槇之木から見渡す真珠で有名な英虞湾の岸辺では、冬の冷たく乾いた風と太陽の光りをたっぷり浴びてぐんぐん育っている青さのりの収穫がはじまっています。全国の60%の収穫高を誇る志摩の青さのりは今が旬で美味しい季節です。潮がひいて青さのりが海面に浮かぶその光景はまるで緑のじゅうたんを敷いたようで春のような景色です。私の大好きな景色のひとつでもあります。 
 海藻はカロリーが“0”なのにミネラルたっぷりでヘルシーです。地元ではお味噌汁に入れるのが一番馴染み深いですが、天ぷら・酢の物・お吸い物・佃煮。また、お菓子つくりの香り付けに、どんなお料理にも美味しいです。こんなお料理で召し上がればどうかな〜?とかいい案がありましたらお知らせくださいね。

 初夏・・・港や駐車場を埋めつくす茶褐色のじゅうたん。初夏を告げる風物詩「ひじき刈り」の風景。磯で刈り 獲ったひじきを天日で干します。志摩の海で育つひじきは、やわらかくてとっても美味しいです!槙之木のメニューにも欠かせない逸品。
太平洋側の海で獲ったばかりの大漁のひじきを船の上溢れんばかりに載せて、さあ!帰るぞ!!* * そのたくさんのひじきを今か今かと待ちわびている家族や知人みんなで天日干しです! 最初は茶褐色ですが、乾いてくるとだんだん真っ黒に・・・おひさまをたくさん浴びて旨さも増します!

■「こだわり」へ戻る≫≫≫