お料理TOP≫ お箸でフレンチ≫ 季節の味覚プラン/冬早春・初夏・秋≫バーベキュー≫ ワイン≫ 酒≫

一皿一皿、心をこめて旬の味覚で彩ります。

ご覧のコースは季節の味覚プラン料理 伊勢海老料理付き例
(冬季バージョン)の一例です。四季折々、こだわりの旬の食材を使い、

和洋にとらわれないオリジナルの創作フレンチをご準備いたしております。

これが槇之木の料理の基本コンセプトです。目で、舌で、伊勢志摩の自然を
しっかりお楽しみいただきたいと、心をこめてお出しいたしております。

ぜひ一度味わいにいらっしゃって下さい。お待ちいたしております。

旬により料理内容は変わります。


☆お通し
イサギの昆布〆粒マスタード和え

シェフのうんちく: 塩をしたイサギを昆布〆します。こんぶの香りがうつったイサギと少し酸味のある粒マスタードドレッシングがベストマッチ。和食の技法とフレンチの味のコラボレーション。

 

☆オードブル

イ茶ぶりなまこ、鯵と蛸のマリネ寒サバのスモーク

シェフのうんちく: 和食の冬の珍味なまこを茶ぶりしポン酢で。鯵と蛸はマリネし、ジュノバソースで。脂ののったサバを桜のチップでスモークしました。和と洋のアンサンブルです。

 

☆オードブル

サザエのブルギニョンと

ヒオウギ貝のインペリアルバター焼き

 

シェフのうんちく: 槇之木定番の貝のオードブル。サザエはエスカルゴに見立てて、ニンニク、パセリ、のきいたエスカルゴバターをのせ、また、ヒオウギ貝は少しカレー風味がするインペリアルバターをのせてオーブンで熱々に焼きます。それぞれの貝の味と混合バターの香りをお楽しみ下さい。

☆お造り代わり

フグのカルパッチョスタイル 柚子コショウ風味

 

シェフのうんちく: テッサをイメージしフグを薄造りにして柚子コショウ風味のソースを・・・・

塩けで食感と味に変化をつけました。

☆スープ

真珠貝の入ったカリフラワーのスープ

 

シェフのうんちく: 魚介が続くコースの中でホッと一息して欲しいと思い、スープには野菜を多く用います。カリフラワーのほのかな甘みに、冬しか取れない真珠貝(アコヤ貝)の柱をいれ、味に深みを加えました。

☆魚料理

本日の鮮魚のポワレと牡蠣のソテー
 

シェフのうんちく: 鮮度のよい食材はシンプルに調理し、コクと深みのあるソースを添えるのが私のポリシー!素材の持つ本来の味とソースをつけた時の味をご賞味下さい。

☆魚料理
伊勢海老とホタテのフリカッセ 野菜添え

シェフのうんちく: フリカッセとは、一般的にクリーム煮のことです。伊勢海老をぶつ切りにし、ホタテも同様に少しニンニクの香りをつけたオリーブオイルでソテーします。生クリームに貝でとっただし汁を加え少し煮詰めて伊勢海老とホタテを加えまとめます。クリームに伊勢海老と貝のエキスがとけ込みこれまた絶品です。

☆肉料理

和牛フィレステーキ キノコのソテー添え 

フォアグラ入りソース
 

シェフのうんちく: 和牛の牛フィレ肉をステーキにし、フォンドボーと赤ワインベースのソースに、さいの目に切ったフォアグラのソテーを加えました。脂肪の少ないフィレ肉にフォアグラの持つまったりとしたコクとと共にお召し上がり下さい。

☆デザート
イチゴのグラタンとニューヨークチーズケーキと

バナナのアイスクリームの盛り合わせ
 

シェフのうんちく: このデザートのメインはやはりイチゴのグラタン。キャラメリゼしたパリパリの下からカスタードクリームと小さく切ったイチゴが顔を出します。パリパリ感とトローリ感をお楽しみ下さい。

☆CAFFE

☆パンまたはライス

*その日の仕入れによりメニューが変更になります。

戻る